GPS発信機                                          GPS車両追跡装置レンタル店ありさオフィス 

ありさオフィスはGPS発信機・車両追跡装置のレンタル販売専門店です

 特別仕様GPS浮気発見装置!
 高性能なGPS装置が探偵に早がわり。
 秘密厳守!



 詳しくはトップページをごらん下さい。

浮気を放置しておいて浮気してる本人から離婚を言い出されたら貴方はどうしますか?
なんも証拠もないままですと最悪のパターンで泣き寝入りになりますよ。

GPS発信機とは? 
GPS(Global Positioning System)
人工衛星を利用して自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステム。米軍の軍事技術の一つで、地球周回軌道に30基程度配置された人工衛星が発信する電波を利用し、受信機の緯度・経度・高度などを数cmから数十mの誤差で割り出すことができるディファレンシャルGPSサービス(位置情報補正サービス)
GPSによる測位だけでは、そこから得られる位置情報に数10〜数100メートルの誤差が生じてしまいます。
ディファレンシャルGPSは全国に設置されたGPS基地局からの信号によって、その誤差を補正するシステムです。PCGPSでは、このディファレンシャル機能により、誤差約2〜5mを実現しています

GPSについてもっと詳しく・・・・
GPSとはアメリカの軍事衛星を利用した位置情報システムです。
数年前その衛星信号の一部が一般に公開され、どなたでも利用可能となりました。
衛星からのGPS信号を検知する事で、今現在の位置(座標)を非常に高精度に知る事が可能です。
また衛星には非常に性格な時計が搭載されており、その時刻と電波を受信した時の時刻の差から衛星までの距離を知る事ができます。
三角測量の原理で自分の位置がわかるわけです。
もともと軍事用の航空路、洋上路、ミサイル誘導などの目的で計画されていますので、原則として地球上のどこにいても現在位置を把握する事が可能です。

現在では私たちの身の回りで、色々な機器によるGPSの恩恵を受けています。代表的なものはGPSカーナビゲーションシステム(カーナビ)ですね。今現在、地図上のどこにいるのか。現在位置の把握は最も重要な機能のひとつです。
その他にも航空機運行、洋上での漁業、登山用携帯GPS、最近では携帯電話にもGPSを搭載する端末が増えてきています。

GPS受信機は当初航空機、船舶、測量機器、個人携帯(登山等)用に利用されてきたが最近は自動車(カーナビ) や携帯電話などにも搭載し利用されています。

GPSの原理上、空の空けた所でないと衛星からの電波が受信出来ませんが、受信機の向上によって多少の物陰でも受信可能になってきてます。
屋内であっても窓からある程度の距離であれば受信できたり携帯電話に搭載されたものでは電話の基地局からの情報を併用することで地下でも位置確認が出来るものも登場してきました。

ハンディGPS
ハンディタイプのGPSは、現在位置を知る機能、行き先を示す機能、位置を記録する機能の3つで構成されています。
GPS衛星から情報を元に現在位置を知ることが出来るのがハンディGPSのもっとも基本的な機能です。3つ以上のGPS衛星から電波を受信できれば、現在位置の緯度と経度を測れます。
4つ以上だと標高も測れます。地図を搭載したモデルですと画面に表示した地図上に現在位置を表示できます。それとともに目的地までのナビゲートする機能で目的地までの方向や距離、いままでの移動速度で所要時間もわかります。
さらにパソコンにデータを転送できるGPSであれば習得したポイントを管理することもできます。

ハンディGPSにはGPS衛星からの電波を受信するアンテナが内臓されていますのでアンテナの方向を空に向けないとうまく電波が受信できません。

携帯のGPS
 カーナビなどに利用されているGPSでは、24個の人工衛星のうち、3つの衛星からの信号を受け、現在地の緯度や経度を表示しています。よく誤解されますが、GPSでは衛星からの信号を受けているだけで、こちらから衛星に信号を送っているわけではありません。ケータイのGPS機能も3つの衛星からの信号を受けている点は同じですが、ケータイではこれに加え、基地局からの電波信号を組み合わせて利用しています。ちなみに、GPS携帯の仕組みは米クアルコムと米スナップトラックの開発した「gpsOne」という技術によって実現されています。
 衛星から取得したデータを基地局にそのまま送信し、実際の位置確定は基地局によって行なう。GPS衛星からの受信についても基地局から端末に衛星を探索するための情報が送信され、衛星からの受信開始に必要な時間を大幅に短縮している。GPSからの電波が届かない屋内では、基地局からの電波を利用して測位を行なう。位置情報の精度は通常のGPSと同等の5m〜10mレベルとなる。

 技術的なことはともかく、GPS携帯は具体的にどのようなことに使えるのでしょうか。まず、もっともシンプルなのが現在地の表示です。ケータイの機能で現在地を知ることができれば、タウン情報などのコンテンツと組み合わせ、自分がいる場所からもっとも近いレストランやカフェ、駅、コンビニエンスストア、銀行などの場所を知ることができます。GPS携帯で測位した位置情報はメールにも添付でき、自分の居場所を人に伝えるといったことにも使えます。

GPSとカーナビに違いは(ヤフー知恵袋から)
 GPS衛星は「発信機」、カーナビは「受信機」です。
地上約2万メートルの衛星軌道上にあるGPSから発信された位置情報を、車に取付けたカーナビのGPSアンテナで受信し、その情報を元に計算し、自車位置を地図上にほぼ正確に、表示します。
GPSとカーナビの違いという事でなく、分かり安く言うとGPSがあってもカーナビが無ければ、意味無いですよね。
逆に、カーナビを取付けても、GPSが無ければ位置情報が受信できないので、そのカーナビは使い物にならないですよね。
もっと簡単に言えば
GPSは、今いる位置を検出するシステムのこと。
もともと、軍事目的で開発されたものですが、
今回の地震の、地殻の変移を測定するのにも、使われています。
カーナビは、GPSで検出した位置情報をもとに、道案内する
システムのこと。



                      HOMEに戻る